アングルのバイオリン

violon d'Ingres. 趣味か余技か、それとも悪ふざけか・・・ とにかくこれが私の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リラのホテル

隠れた名盤というのは、こういうものを指すのだと思う。

ムーンライダーズのドラマー、かしぶち哲郎のソロ第一作「リラのホテル」である。
1983年の作品だ。

ムーンライダーズの中でも、特に、ヨーロッパ趣味が強いのがかしぶち哲郎で、「かしぶちロマン」とでもいうべき独特の世界を作り続けてきたわけだが、その世界が見事に結晶したのが、この「リラのホテル」である。

矢野顕子をゲストに迎え、まるで古き良きヨーロッパ映画を見ているようなアルバムなのだ。凡百の作り手であれば、臭すぎて、決して描き切れないであろう歌詞とメロディー、それを、下手といえば下手、ヘタウマといえばヘタウマ、の、かしぶちのヴォーカルで、飾り気なしに歌われ、そこに、矢野顕子の表情豊かなヴォーカルがからんで、聴き手は、いつの間にか、パリの下町や、南イタリアあたりの路地に迷い込む。

1983年にこのアルバムを買った時は、当然ながらレコードだったが、もう、それこそ擦り切れるほど聴きこんだものだ。カセットにダビングし、大学のヨーロッパ研修にも持参した。朝、ホテルをぶらりと出て、パリの路地裏や、ワルシャワの街角を散歩した時、ウォークマンでこのアルバムを聴いていたものから、私の脳髄には、このアルバムは、もう、ヨーロッパの街々と分かちがたく結びついてしまった。

ヨーロッパ映画、と書いたけれど、実は、ここで描かれている世界は、存在するようで存在しないヨーロッパ映画のようなものである。かしぶちがかつて観たであろう、ヨーロッパ映画、かつて聴いて影響を受けたであろうクラシック音楽、こういったものが、ロマンティックに再構成されている。
だから、パリの下町なのか、南イタリアの路地なのか、いや、時代さえも、実はよくわからない。いや、当時、まだ共産国だったポーランドや、ソ連までごちゃまぜにされ、「ヨーロッパ」という架空の場所と時間が作り出されている。1983年当時だったら、「記号」としてのヨーロッパ、とか、そんな言い方をされていたかもしれない。

もしかしたら、かしぶちのそんな手法は、このアルバム発売の3年前に作られたムーンライダーズのアルバム「カメラ=万年筆」から受け継いだものかもしれない。実在するヨーロッパ映画のタイトルを借用し、映画とはまったく関係のない音楽を作ったのが、「カメラ=万年筆」だからだ。ある意味、抽象的な世界かもしれない。

ただ、「リラのホテル」の音楽は、決して抽象的ではない。
細部まで作りこまれた世界である。もしかしたら、フェリーニが「チネチッタ」に再現したローマのように、あるいは、ルネ・クレールが作り上げた架空のパリの下町のように、私たちをロマンティックな世界へと引きずり込んでやまない。実に映像的なのだ。
「屋根裏の二匹のねずみ」なんていう曲になると、矢野顕子とデュエットで、若い夫婦の小さな過ちが描かれ、何度聴いたかしれないのに、ついつい、その哀しくも美しいストーリーに耳を奪われてしまう。

アルバムのタイトルにもなっている「リラのホテル」は、一度だけ、ライブで聴いたことがある。もう、10年以上も前の話だが、日比谷野音でのムーンライダーズのライブで、かしぶちがギターの弾き語りをしてくれたのである。
初夏だったが、日が暮れかけたステージで、かしぶちが歌いだした。ふとステージの上に目をやると、日比谷の木々がざわざわと風に揺れていて、私は、一気に、自分が東京のど真ん中にいることを忘れてしまった。何とも気持ちの良い幸せな数分間だったことを今でも覚えている。

そんな「リラのホテル」だが、何しろ、レコードだったもので、10年以上聴いていなかったし、CDを買おうにも、CDショップでもお目にかかれなかったのだが、最近、Amazonで、CDを見つけて購入し、久々に聴くことができたのは嬉しかった。

実に30年も前の作品だが、少しも色あせていない。誰もが聴いた名盤ということにはならないだろうが、あくまでも隠れた名盤として、これからも聴き続けてゆきたい、大切なアルバムである。

スポンサーサイト

ロナウドのサウダージ

縮小画像 022
ワールドカップ、ついついテレビで眺めたりしているが、サッカーにそれほどの興味があるわけでもないので、結局のところ、よくわからなかったりする。
ロナウドという選手が人気らしいが、てっきりブラジルの選手かと思っていたら、ポルトガル人らしい、とか、その程度の知識なのである。

ポルトガルも、ブラジルも、もちろん、ポルトガル語だ。

円満屋

縮小R0012976
円満屋。
いい名前である。
村松友視の「時代屋の女房」とか、ねじめ正一の描いた、高円寺純情商店街、とか、そのレベルに達しようかというくらいのいい名前である。

円満屋は何を売るところかというと、金魚を売っている。
金魚と熱帯魚と水草の専門店、らしい。

ところが、大久保に長年住んで、毎日のようにその前を通り過ぎているというのに、今まで一度も足を踏み入れたことがなかった。恥ずかしい話である。
先日、ふと、円満屋の暖簾をくぐってみた。もちろん、暖簾などないが、気分は、暖簾である。

水槽の中で金魚が泳いでいる。カラフルな熱帯魚もいるが、円満屋には可憐な金魚が似合う。やはり、円満屋は、金魚屋さんなのである。金魚を所望の客は、自分で金魚をすくうという、縁日にも似たシステムになっているとお見受けした。

円満屋。
これから暑くなるこの季節に、一服の清涼剤を求めて、夕涼みのつもりで、そのうち、また覗いてみるとしよう。

一年半ぶりのご無沙汰

一年半、ブログを書いていなかった。

何故か、と、問われても、あまりそれは答えたくない。想像にまかせよう。
ただ、こうして、一年半ぶりに戻ってきて書いている気持ち、
それは、例えば、海外から数年ぶりに日本に戻ってきて、
成田空港を出たリムジンバスの窓から外の風景を眺めている時のそれに似ている。
懐かしく、どこか物珍しい。

日本に戻ってきたことが正解だったのか、それとも誤った選択だったのか、
そんな自問自答を繰り返しながら家路に着こうとしているわけである。

大げさな例えである。

実は、この一年あまり、ブログを更新しようにも、いくらパスワードを入れても
管理ページにアクセスできなかった、というのが、真相である。
つまり、日本に戻りたい気持ちは山々だったのに、パスポートが見当たらなかった、
そんな情けない状況と言ってよい。

それが、何故か、今夜、突然、入れたのである。管理ページに。
パスポートを握り締めた私は、そのまま飛行機に飛び乗った。そういう次第である、と、理解してほしい。

基本的に、暇だらけの人間、余技だらけの人間なので、
ぽちぽちと、更新してゆきたいと考えている。

船岡山

IMG_0522_320x240.jpg
四条通から、12番のバスに乗ってみた。
金閣寺・立命館大学前行きというやつで、外国人観光客も何人か乗っている。金閣寺のみっつほど手前のバス停で降りると、そこは、船岡山である。バスは、私ひとりを置いて金閣寺へ向かって走り去っていった。外国人よ、金閣寺を大いに楽しむが良い。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。