アングルのバイオリン

violon d'Ingres. 趣味か余技か、それとも悪ふざけか・・・ とにかくこれが私の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大道芸人・雪竹太郎氏について

雪竹太郎氏と知り合ったのは、今から15年ほど前のこと。
aaaaa.jpg
私がパリにいた時分の話。
アーティストの友人W氏が、面白い人がいるから、その人の芝居を観に行こうという。何でも、ポンピドゥーセンター前広場で大道芸をしている日本人らしい。もしかしたら、と思い、私は、W氏の誘いに乗った。

日本大使館の文化施設で行なわれたその芝居というのは、日本のパントマイム集団「むごん劇かんぱにい」による、古今東西の映画のパロディ。フランスの地方で行なわれる演劇祭に出品されるという。チャップリン、キートン、黒沢からフェリーニまで、とにかく、お腹を抱えて笑ったものだが、その舞台でひときわ目立っていたのが、数日前、私が見た男だった。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。