アングルのバイオリン

violon d'Ingres. 趣味か余技か、それとも悪ふざけか・・・ とにかくこれが私の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細野晴臣のライブへ行く

九段会館へ、細野晴臣のライブを見に行った。

1、2ヶ月前、ふと懐かしくなって、細野晴臣のYMO以前のソロアルバムを、TSUTAYAでレンタルしてきたばかりである。「HOSONO HOUSE」「泰安洋行」「トロピカル・ダンディ」「はらいそ」の4枚で、高校生のころ、毎日のように聴いていたものだ。もちろん、CDではない、レコードの時代である。
特に、ソロ第一作である「HOSONO HOUSE」には、思い出が多い。YMOというよりも、はっぴいえんどの空気を残した、アコースティックな音。タイトル通り、細野氏の自宅で録音したものというから、YMOであるはずがないのだが、「恋は桃色」など、今でもふと口ずさんでしまう名曲揃いの、隠れた名盤である。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。