アングルのバイオリン

violon d'Ingres. 趣味か余技か、それとも悪ふざけか・・・ とにかくこれが私の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥ずかしい青春

ムーンライダーズが「ユリイカ」の特集になっていて驚いた、ということはすでに書いた。
「ユリイカ」は、もともと詩の雑誌として出発したが、その後、サブカルチャー雑誌のようになった。出版元「青土社」には、もうひとつ、同じような装丁の「現代思想」という雑誌があって、こちらは、読んで字のごとく、思想全般をカヴァーする雑誌。
どちらも、売れっ子の新進気鋭の論客たちが執筆していた。当時流行の「ニューアカ」つまり「ニューアカデミズム」系の論客たちも常連だった。

80年代、ちょっとばかり背伸びをしたいサブカル系少年たちは、この2つの雑誌をよく読んでいたものだ。ただ、読んでも意味はわからない。
それでも、すべてわかったつもりになって、読んでいたわけ。
さっぱりわからないものを読むことほど苦痛なものはないのだが、私は、そのことにさえ気づかない、鼻持ちならない馬鹿な少年だった。

「ガロ」という漫画雑誌があったが、ここの出版社を青林堂という。
私は、これを青土社と勘違いしていた。で、「ユリイカ」や「現代思想」を出している会社の漫画なら、これは、きっと「最先端」なのだ、と思い込み、ガロ系の漫画もよく読んでいた。「青」という字しかかぶっていないのに、どうかしている。このようなていたらくでは、朝青龍さえ混同しかねない。
青林堂の漫画、というと、例えば、それは蛭子能収や丸尾末広、渡辺和博、であったりするのだが、そんなわけで、私は、当時、蛭子能収も「ユリイカ」や「現代思想」なのだ、難解で高級なのだ、と決めつけていた。恥ずかしい話だが、仕方がない。

周りの少年たちと何ら変わりはないのに、自分は違うんだ、という青臭い自意識を満たすため、差別化を図るために、「ユリイカ」や「現代思想」を読み、ガロ系の漫画を読んでいたのである。まあ、私だけではなく、そういう馬鹿は多かったことであろう。
あの頃の自分に、今、会ったら、「この、すっとこどっこい。」と、頭を小突いてやりたい気もするが、あれはあれで楽しかったし、青春というのは、往々にして恥ずかしいものだろう。恥ずかしくない青春、っていうのは、どうも信用できない。何しろ、青春っていう言葉自体が恥ずかしいのである。

ただし、今でも、当時の気分を引きずった文章なんかを見つけてしまうと、これは、掛け値なしに恥ずかしい気がする。「ニューアカ」っていう言葉も恥ずかしい。熱海の、ホテル・ニューアカオか?
今回のムーンライダーズ特集の記事のひとつがそうで、閉口してしまった。ま、あ~あ、まだ、こんなやつ、いるんだ~、って、ある意味、楽しませてもらった部分もあるのだけれど。
当時、読んでいてちんぷんかんぷんだったのは、私たちが馬鹿だったせいだけではなく、実際に、いいかげんな文章も多かったのである。

だから、どうした?って、いう突っ込みを常に入れられてしまうところが、80年代のエセ論客たちの決定的な弱点であり、無意味さであったと思う。自己満足は駄目よ、ってことで。

だから、どうした、so what(ソー・ホワット)? っていうと、帝王マイルス。
フランス語で、et alors(エ・アロール)?っていうと、渡辺淳一。

だから、どうした?

スポンサーサイト

Comment

魔羅一郎 says... "消え失せぬ青春の光"
青春とは恥ずかしいものです。
背伸びして、夢精して、自惚れながら自己嫌悪して、それでもどこかで、そんな自分を自虐的に讃美している。
その恥ずかしさから抜け出た時、苦難の暗い道が、晴れやかなオヤジ道に変ずるのです。オヤジ道とは、恥知らずの道、気負いは無くなったけれど、欲望だけはそのままの、ある意味、青春の純化された姿だって気がします。
貴殿と同じ時代の青春を過ごした私も、サブカル系の不健康な道楽に熱中していました。
当時の最大の関心事は魔法の本を集める事でした。四十路を越えた今、私の最大の関心事は、矢張り魔法の本を集めて、読み耽る事です。
継続は力なのか、それとも、ただ成長出来ないだけなのか、オヤジ道を歩む私は、もうどうでも良いと思っています。
青臭い気取りは、青臭いまま妄執となり、これから老い耄れて死ぬまでのライフワークと化してしまった気がします。恥じても、後悔しても、三つ子の魂百まで、愚かな道を歩み続けようではありませんか。
2005.06.14 21:29 | URL | #HFtCDgwg [edit]
猫目 says... "青春の光と影"
魔羅っぺ、おはようございます。
今も、昼夜逆転した、デ・ゼッサントの如き生活を送っておられるのでしょうか?
思えば、貴兄と過ごした巴里の日々、あれは、青春の最後の輝きだったような気がします。
安葡萄酒をあおってセーヌ河畔を彷徨し、酩酊にまかせて、手にしていた葡萄酒瓶を石畳に叩きつけて割る、そんな貴兄の姿が今でも瞼に浮かびます。あれほど、無意味な、非生産的な青春もありますまい。
オヤジ道とは、気負いのなくなった青春。卓見ではないでしょうか。
どちらが、「百匹目のオヤジ」となるのか、これからも、ご指導ご鞭撻のほどを・・・。
2005.06.15 08:08 | URL | #GaU3vP2. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://libertin.blog11.fc2.com/tb.php/12-02713aea
渡辺和博
渡辺和博渡辺 和博(わたなべ かずひろ、1950年2月26日 - 2007年2月6日)は、日本のイラストレーター、エッセイスト。広島県広島市出身。来歴崇徳学園|崇徳高等学校卒業後上京。東京綜合写真専門学校に入学しカメラマンを目指すが中退。東京四谷の現代思
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。