アングルのバイオリン

violon d'Ingres. 趣味か余技か、それとも悪ふざけか・・・ とにかくこれが私の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円満屋

縮小R0012976
円満屋。
いい名前である。
村松友視の「時代屋の女房」とか、ねじめ正一の描いた、高円寺純情商店街、とか、そのレベルに達しようかというくらいのいい名前である。

円満屋は何を売るところかというと、金魚を売っている。
金魚と熱帯魚と水草の専門店、らしい。

ところが、大久保に長年住んで、毎日のようにその前を通り過ぎているというのに、今まで一度も足を踏み入れたことがなかった。恥ずかしい話である。
先日、ふと、円満屋の暖簾をくぐってみた。もちろん、暖簾などないが、気分は、暖簾である。

水槽の中で金魚が泳いでいる。カラフルな熱帯魚もいるが、円満屋には可憐な金魚が似合う。やはり、円満屋は、金魚屋さんなのである。金魚を所望の客は、自分で金魚をすくうという、縁日にも似たシステムになっているとお見受けした。

円満屋。
これから暑くなるこの季節に、一服の清涼剤を求めて、夕涼みのつもりで、そのうち、また覗いてみるとしよう。

スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://libertin.blog11.fc2.com/tb.php/134-d544b39a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。