アングルのバイオリン

violon d'Ingres. 趣味か余技か、それとも悪ふざけか・・・ とにかくこれが私の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サドのラコスト城が買収されたらしい

驚いた。
知らなかった。

ラコスト城を、あのピエール・カルダンが買い取った、というのである。それも、2001年、もう4年も前のことだ。
廃墟同然だった城は改装され、「エスパス・ピエール・カルダン」という野外劇場に生まれ変わった。
2004年、つまり、昨年の7月には音楽祭が開催され、モーツァルトの「魔笛」などのオペラや、クラシックのコンサートが行われたらしい。

いやあ、恥ずかしながら、知らなかった。

ラコスト城は、南仏プロヴァンスの小さな村・ラコストにある。城主は、「悪徳の栄え」などで知られる18世紀の文学者サド侯爵。サドは、この城で、しばしば、小説さながらの乱痴気騒ぎを起こしている。

実は、1987年に、私はこの城を二度ほど訪れている。
00000292s.jpg
城には、孤独に修復を続けている男がいて、その男の案内によって、私は城の内部にも入れてもらった。城というよりは、洞窟の内部のような眺めだった。夏のバカンスのシーズンだったが、訪れる人はほとんどいない。城の裏手で、ヌーディストが数人、日向ぼっこをしているくらいだった。
男は、これからも城を修復していくつもりだ、と、語った。何年、いや、何十年かかるかわからない、その時は、誰かが仕事を受け継ぐだろう、と。

カルダンは、確か、かの有名なパリの超高級レストラン「マキシム」も買収していたはずである。
まあ、「マキシム」は、私には関係がないからどうでもいいが、話がラコストとなると、納得がゆかない。

古城を改装して野外劇場を作る、という発想自体は決して悪くない。オペラなどの非日常的空間を効果的に作り上げるには、城のような特殊なロケーションは確かに向いている。私も、アヴィニョンの法王庁の中庭に作られた舞台で、おそろしく長い芝居を観たこともある。しかし、何故、ラコスト城?
もっとも、カルダン、サドにそれほど興味があったというわけではないだろう。おそらく、純粋に、立地条件や物件を検討して、想像するに、破格の安値で買い求めたに違いない。サドの城、というのも、まあ、ちょっとしたスパイスとして有効である。立派な文化事業というわけだ。しかし、何故、ラコスト城?

澁澤龍彦は、1977年にラコスト城を訪れている。その様子は、「城と牢獄」「城」などのエッセイ集や、死後に出版された「滞欧日記」に詳しい。彼は、城の内部には入れなかったようだ。それでも、城の裏手の野原で、夢中で草を摘んだ様子が描かれている。

遠藤周作の小説「爾もまた」(「留学」所収)。
これはサドを研究するためにフランスに渡った若い学者の話で、日本とフランスとの狭間に横たわる深い断絶に打ちのめされてゆくというものだ。そのクライマックスが、ラコスト城への訪問なのである。彼が訪れたのは冬のことで、城への道のりは雪に閉ざされてしまっていた。すぐ目の前に見えるのに、城は絶望的に遠い。彼はこれを近づこうとしても近づけない、日本とフランスとの距離として捉えるのである。

「サド的モデル、それはシリングだ。」と書いたのは、ロラン・バルトである。シリング城とは、小説「ソドム百二十日」の舞台となる城。
さらに、以前の城の持ち主であり、廃墟となったラコスト城の在りし日の姿を調査したアンドレ・ブーワによれば、ラコスト城は地理的にだけではなく、建物や内部の様子なども架空の城シリングとほぼ一致するという。バルトに倣って言うならば、「シリング城のモデル、それはラコスト城である。」となり、さらに三段論法めいて続けるならば、「サド的モデル、それはラコスト城である。」と置き換えてもよいわけだ。

サドの遺言というものがある。
「余は人類の記憶から余の記憶が消し去られるのを望む。」(澁澤龍彦訳)

その遺志に従い、私は、城は廃墟のままで朽ち果ててゆくのが一番いいと思っていた。男の修復作業さえ、余計なことだと思っていた。もっとも、ひとりで修復しようがどうにかなる規模ではないから、まあ、このまま廃墟として朽ち果ててゆくんだろうと思っていた。それが、サドにもっとも相応しい、と。
それなのに、カルダンときたら・・・。

ただ、サドの演劇好きは筋金入りで、城内や、晩年に入っていた精神病院でも、自作自演の芝居を披露していたというから、「エスパス・ピエール・カルダン」を歓迎しているのだろうか。
いや、やっぱり、カルダンの仕業は余計なことと言うほかない。

ここ数年、サドから目を離していたと思ったら、こんなことになっていた。

スポンサーサイト

Comment

魔羅一郎 says... "サドの食卓"
サドと云えば、佐渡へヨ アリァアリァアリァサ佐渡は四十九里 波の上. ハァー ・・・って、これは佐渡おけさでしたね。申し訳ない、下らないおやじギャグを書いてしまいました。深く反省します。
サドの著作が、今ちょっと手元に無いので(実家に帰ればあるのですが)、調べようが無いのですけれど、サドの作品の中には、随分と細かに宴の様子が記されていますよね。それこそ、偏執的なこだわりで、山海の珍味をこれでもかってくらいに、並べ立てます。サドの作品の登場人物、ミンスキーやノアルスイユは、人肉まで好んで喰ってしう強者ですから、とてもマトモな意味での美食家とは云えないでしょうけれど。
ま、それは兎も角、料理の素材や、調理法にやたらと口うるさい侯爵ですけれど、いったい、サドって、どんなワインを好んで飲んでいたのでしょうか。当時と現代の間は、フィロキセラ被害と云う厄災によって隔てられているので、最早同じ名前のワインでも、実は別物ってくらい分断されていますけれど、それでも、どうも気になります。
古代ギリシャやローマ帝国の宴のレシピや、ワインの研究、復元などは、かなり行われていますよね。ギリシャ・ローマに比べたら、サドの世紀は随分と新しい時代です。記録や資料なんて、残っていないのでしょうか。猫ヤンもサドを研究したお人ですから、何か蘊蓄でも語って頂ければ、幸いです。
サド家の宴の再現・・・なんてものは不可能でしょうけれど、せめて、サドが好んだワインを堪能して、ひと時の夕べに、在りし日のラコストに想いを馳せてみたいです。
もっとも、私はラコスト城を、猫ヤンの写真でしか見たことがありませんけれども。
そう云えば昔、我らの青春時代、猫ヤンに誘われて、パリ第八大学の特別講座で、サド侯爵の研究発表会に出ましたね。侯爵の末裔チボー・ド・サド、新進気鋭の研究家ベアトリス・ディディエ女子、好色文学界の重鎮ジャン・ジャック・ポヴェール・・・余りに偉大な列席者に囲まれて、緊張しまくって、ガチガチになりながら、耳を傾けていた事を思い出します。
あんな貴重な経験が出来たもの、全て猫ヤンのお陰だと感謝しております。
2005.06.30 11:33 | URL | #- [edit]
猫目 says... "サドとワイン"
魔羅ぴー、おはようございます。

サドのワイン。
「ソドム」には、ブルゴーニュ、シャンパーニュ、エルミタージュ、ハンガリー産(!)などのワインが登場します。
実際には、サドは、やはり郷土のワインを飲んでいたようです。つまり、プロヴァンス、ローヌ系のワインですね。

ラコストと並ぶもうひとつの領地・マザンには、コート・デュ・ヴァントゥーの「マルキ・ド・サド」というワインがあるようです。末裔のひとりが作っているらしいです。
正当な末裔チボー・ド・サドですが、おそらく、彼は、シャンパーニュ「マルキ・ド・サド」を作っているのだと思います。これは、一度飲んだことがあります。どちらも、日本で入手できるので、試してみてはいかがでしょう?

第八大学のシンポジウム。
懐かしいです。
あの日のシンポジウムは、本にもなっております。ただ、私たちの名前は、どこにも載っておりません。
2005.07.01 09:06 | URL | #GaU3vP2. [edit]
魔羅一郎 says... "わを!"
あの時のシンポ(略すとチ○ポに見えますね?)が書籍化されているのですか。宜しければ、タイトルを教えて下さい。まさか翻訳なんてされていませんよね?原書でしたら、紀伊国屋や丸善で購入出来るでしょうか?それとも、注文しないと無理でしょうかねぇ。
サドの好んだワイン、御教授頂けて感謝します。
プロヴァンス、ローヌ系と云えば、ボルドーのタンニンとは違う、重厚な濃さが特徴の美味しいワインですよね。グルナッシュやシラーが良く使われるのでしたっけ?
手元のワインの本で調べてみたら、ありました、「マルキ・ド・サド」。シャンパンでした。サド侯爵誕生250年を記念して、1990年に直系のチボー・ド・サドが始めたとあります。値段は7000円強ってところでしょうか。
ちと高いけど、見掛けたら、是非とも味わってみたいです。
今夜は、週末ですので、手持ちのボルドーの赤で、猫ヤンに乾杯しときます。
2005.07.01 20:02 | URL | #- [edit]
猫目 says... "その本の名は・・・"
「La fin de l'Ancien Regime」 presse universitaire de Vincennes 1991
です。サド、レチフ、ボーマルシェ、ラクロに関して行われたシンポジウムを収録してあります。ヴァンセンヌというのは、第八大学の旧名です。ヴァンセンヌにあったんですね。で、発行責任者は、もちろん、ベアトリス・ディディエです。

「マルキ・ド・サド」、コート・デュ・ヴァントゥーの方は、まさに、グルナッシュとシラーのブレンドです。こちらは、もっと安価なので、私も、通販でも利用してみるつもりです。
2005.07.01 22:58 | URL | #GaU3vP2. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://libertin.blog11.fc2.com/tb.php/20-5f84afa6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。