アングルのバイオリン

violon d'Ingres. 趣味か余技か、それとも悪ふざけか・・・ とにかくこれが私の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊び場としての街



私は、都内の某所で生まれ育った。
何がある、という街でもないが、幼い頃は、遊び場には困らなかった。
街全体が遊び場だったからである。

こんなごみごみした街にも、お屋敷があって、庭には池があった。池にはおたまじゃくしがいて、そっと忍び込んでは、採ってきたりした。子供としてはこっそりと遂行したつもりになっていたが、もしかしたら、その家の人にはお見通しだったかもしれない。
作戦に失敗して、池に落ちたこともある。
当時は公園のような広さにも思えたけれど、今になってその場所を通りかかってみても、ようやく小さなマンションが建っているくらいの面積しかない。この土地のどこにあんな大きな池があったのか、と思う。不思議なものだが、それが、子供の視線というものだ。

あの頃の街には、まだまだ迷路のような面白さが残っていた。光があり、影があり、ねじれた空間があった。街は均一ではなかったのだ。路地に入って、塀を越える。ほとんど猫のように他人の敷地に入る。目的地に行くのに、いくつかの家の庭先を通ったりするのだ。
時々、「すみません、通らせてくださ~い。」などと申告することもあるし、そっと忍び込んでは、雷親父に怒鳴られることもある。藤子不二夫の漫画に出てくるような怖いおじさんというのが、あの頃は本当にいたのである。そうやって、秘密の抜け道を開拓してゆくことが楽しくて仕方がなかった。庭先を抜け道に使われた人たちには、非常に申し訳なく思うが、許してもらうにも、叱られるにも、今よりだいぶ大らかだったのではないだろうか。

自分の子供を見ていても、最近では、こうやって街全体を使って遊ぶ、という習慣はなくなっているようだ。街が面白くないのだから仕方がないだろう。
街で遊んでいると、いつのまにか、街の地理に詳しくなる。行動範囲も広がる。子供ながら、街のことは、隅から隅まで熟知していたものだ。

タイムマシンがあったら、あの頃の街をもう一度、大人の目で散策してみたい、と思う。あの頃に見えていてものが、果たして、今の私の目にどう映るのか。他人の庭に忍び込んで怒鳴られてもみたいが、大きくなってしまった体では、それは無理かもしれない。
そして、そこからさらに数年、時間をさかのぼって、自分が生まれた頃の街も見学してみたい。残っている白黒写真のせいで、白黒のイメージしかないが、まさか、当時の街が本当に白黒だったとは思いにくい。色のついた街を楽しみたいが、逆に、違和感を覚えるかもしれない。
生まれた頃の街、子供の頃の街、この2本立ては、いつか実現できないものかと本気で考えている。
スポンサーサイト

Comment

魔羅一郎 says... "マイッタなぁ、でもプチ嬉しい報告"
過ぎ去りしもの、幼き日の幻・・・。
走馬燈の様に、自分の人生を回想してる・・・!?
猫やん、大丈夫ですか?臨死体験の現在進行形じゃあ、無いでしょうね?
因みに、私は今、風邪でダウンしています(鳥インフルエンザじゃないですよ)。
プチ臨死体験中です。
大人しく寝てれば良いのに、なんでネットしてるんでしょうねぇ・・・。
それと云うのも、先日メールした、件のあのオリジナルな絵が、手に入りそうだからです。猫先生は、あの絵を見たくは無いでしょうかね?予約が完了して、近々、私の手元に送られる手はずを整えました。久々に、何通も英語のメールを書いて、疲れました。
掲示板を、私信に使っちゃいけませんね。
それでは、寝ます・・・。
良い夢が見られそうです(うふふ)
2005.11.25 12:56 | URL | #- [edit]
idealistk says... "猫目さま こんばんは"
小生も、東京の下町でしあわせな子どもライフを送ったクチなので、猫目さんの願望は痛いほど分かりますよ。休みにでも、もう一度自分の生まれ育った場所を訪ねたいと思っているのですが、なかなか生活に追われて実現しません。
2005.11.27 01:46 | URL | #- [edit]
猫目 says... ""
魔羅たん、おはようございます。
さすがに、人間の屑道をひたすら邁進して、ぬかりはないですね、感服いたしました。
入手の際には、またご一報ください。

idealistK様
わかっていただけて嬉しいです。
私は、今も、生まれ育った街に住んでいるので、そう簡単には懐かしい気分にも浸れないのですが、昔と何も変わっていない路地などを発見すると、記憶がうずき始めます。
センチメンタル・ジャーニーです。
2005.11.28 09:49 | URL | #GaU3vP2. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://libertin.blog11.fc2.com/tb.php/67-abe692d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。