アングルのバイオリン

violon d'Ingres. 趣味か余技か、それとも悪ふざけか・・・ とにかくこれが私の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドアノーによるアルクイユ



サティと私がお隣さんだった街、アルクイユ。
この街を撮っていた写真家がいる。
ロベール・ドアノー。
「市庁舎前のキス」は、あまりにも有名な写真で、誰でも一度は目にしたことがあると思うが、これを撮影したのがドアノーだ。

上の写真は、「アルクイユのエリック・サティの家」と題されているが、そこに写っている風景は、まさに、コーシー街。下の記事の、私が写した写真と同じようなアングルで撮られている。

写真を少し説明してみよう。
画面の手前から延びた道が、真ん中あたりで左右ふたつに分かれている。その分岐点に三角形ともいうべきアパルトマンがあって、壁面に、「aux quatre cheminees」と書かれている。「四本煙突」という意味であり、これこそが、サティの住んでいたアパルトマンだ。コーシー街34番地である。分かれ道を右に上がってゆけば、フランソワ・ヴァンサン・ラスパイユ街。画面の右端をほんのわずかに下れば、私が住んでいた部屋の窓が現れるはずなのだが、残念ながら、ドアノーは興味がなかったらしい。

写真は1945年に撮影されたものというから、サティが亡くなってすでに20年近くが過ぎている。

ドアノーが生まれたのはパリの郊外ジャンティイ。
ジャンティイは、アルクイユのお隣に当たる。RERで、パリ中心部であるレ・アールから、サン・ミッシェル、リュクサンブール、ポール・ロワイヤル、ダンフェール・ロシュロー、シテ・ユニヴェルシテールといった駅を経て、ジャンティイ、そしてラプラス、アルクイユ・カシャンと続く。 

ドアノーは、ジャンティイやアルクイユなどの郊外の写真を数多く残している。試みに、ドアノーの写真集を開いてページをめくってみると、例えば、団地のような高層アパートを背景とした焼け跡のような広い空き地で、若い男女が十人あまり、お互いに手をつないで戯れているのがジャンティイだし、また、大勢の人々が小高い土手の斜面に群がり、自転車のクロスカントリーを見物している写真もジャンティイである。

「エリック・サティの窓からの眺め」という写真もあって、これは、アルクイユの街を見下ろす感じで撮られている。サドの「アルクイユ事件」のフォンテーヌ街は、この画面の右手の奥の方ではないかと思うが、ちょっとよくわからない。

アルクイユも、1940年代当時の方が、私が住んでいた80年代よりも何だか賑わっているようにも思える。街角のカフェを俯瞰するように撮った写真では、路上のテラスに人々が集まっている。こんな風景、私は見たことがない。
駅前にはカフェやスーパーがあるものの、数分歩くと、もう、人っ子ひとりいなくなる。アパルトマンにたどり着くまでの十分ほどの間、誰ともすれ違わなかったことも多かったような記憶がある。淋しい街だった。近くの定食屋で何かを食べた記憶はあるのだが、何を食べたのか、その場所がどのあたりだったのか、全く憶えていない。

実際にはそんなことはなくて、人通りもある街だったのかもしれないが、どうも、アルクイユ、私の記憶の中では、ゴーストタウンになりかけている。
スポンサーサイト

Comment

まいじょ says... "市庁舎前のキス"
うぉ~、市庁舎前のキス。
http://www.kahitsukan.or.jp/doi.html 参照。
じっと見とれてしまいます。
ロベール・ドアノーと猫目さんを比較したら失礼かもしれませんが、アルクイユの写真の構図やアングルがすばらしいと思います(注:ドアノーの方が)。二人の女性の微妙な傾き、こちらに向かっている老人、遠近法も強調され、映画の一シーンのようでも、ユトリロの絵画のようでもあります。
2005.12.08 16:59 | URL | #0VjAYkvw [edit]
猫目 says... "煙突"
まいじょ様、コメントありがとうございます。

ドアノーと比較しないでください!(笑)
でも、確かに、このドアノーの写真、いいですよね。奥の方に建っている煙突が、また、いい。郊外らしさを強調しています。

また、遊びにいらしてください。
2005.12.09 10:32 | URL | #GaU3vP2. [edit]
idealistk says... "たしかに"
たしかにこの写真は素晴らしくて、猫目さんて、天才じゃないか! なんて、嫉妬してしまって、後でそんな自分を恥ずかしく思いました。フランスの写真家の作品だったのですね。
2005.12.10 01:46 | URL | #- [edit]
猫目 says... "天才の写真"
そのまま、勘違いしていただいて結構でしたのに。
でも、良く見てください、古い写真ですよ。(笑)。

2005.12.12 11:40 | URL | #GaU3vP2. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://libertin.blog11.fc2.com/tb.php/70-9080b55a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。