アングルのバイオリン

violon d'Ingres. 趣味か余技か、それとも悪ふざけか・・・ とにかくこれが私の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「四角いジャングル」における「ふたり倍達」について

一騎実録三部作、と、私が勝手に名づけた、梶原一騎原作の漫画、「空手バカ一代」「四角いジャングル」「男の星座」。

その「四角いジャングル」で、ちょっとばかり不審に思っている点がある。それは、主人公・赤星潮の経歴にまつわるものだ。冒頭、潮とその兄が、東心会空手という流派に属していることが語られる。総帥は、東山清玄、ワンカットながら、その顔も拝むことが出来る。

東心会の東山清玄。その顔。これは、間違いなく、極真会の大山倍達であろう。

一騎の問題作「カラテ地獄変」にも、徹心会の大東徹源が登場するが、この漫画は、「空手バカ一代」のアダルト変奏曲というべきものであって、モデルは、誰が見ても大山倍達なのである。

東山清玄、大東徹源、いずれも、福永法源のようなネーミングであるが、このふたりは、決して「最高ですかあ!」などとは言わないであろう。まあ、それはいいとして、一騎のネーミングの傾向からしても、東山清玄が大山倍達をモデルにしていることはほぼ間違いないと思われる。誰しもが、そう考えて漫画を読み進めていったことであろう。

ところが、である。
物語が、ほんのわずかに進んだあたりで、何と大山倍達その人が登場してしまうのだ。ふたり倍達。これは、どうしたことであろう。
実際、清玄の弟子である潮が、大山倍達を見て、「あ、清玄先生!」と勘違いしてもおかしくないくらい似ている。

物語が始まった時点では、一騎も、まさか、大山倍達が出てくるとは考えていなかったとしか思えない。いや、原作者だから、そんなことを言われても困るのであるが、つまりは、連載が始まる時には、これほどの「同時進行ドキュメント」になるとは思っていなかったのだろう。
大山倍達、アントニオ猪木、黒崎健時、ベニー・ユキーデ、ウィリー・ウィリアムス、藤原敏男、新間寿・・・、錚々たる顔ぶれのオールスター総出演による、格闘技界最新情報漫画になるとは考えていなかった。「現実」のスパイスをちょっとずつ効かせながら、いつもの一騎ワールドを展開しようとしていたつもりが、どんどん、変わっていってしまったのである。

挙句の果てには、この漫画が逆に格闘技界を引っ張ってしまう、つまり、現実が漫画を後追いする、という本末転倒現象まで引き起こすことになった。
唯一、実在しなかった主人公・赤星潮まで、作り上げてしまった。一騎、まるでフランケンシュタイン博士である。
リングで試合をしたり、映画でスパーリングを行う赤星潮を、高校生だった私たちは、「何だ、漫画とずいぶん違うな。」くらいで、何の疑問もなく見ていたのだが、これこそ、一騎マジックだ。もちろん、私も馬鹿だった。

ちなみに、赤星潮の正体は、高桑氏という空手家であった。

これで、「四角いジャングル」は、実在する人物しか登場しない漫画になった。
いや、違う。
ただ、悲しいかな、東山清玄だけは、最後まで実在することはなく、その後も、一度たりとも、触れられることはなかった。
アメリカで、大山倍達などと出会い、帰国後、黒崎道場に入門する赤星潮も、清玄先生のところへ挨拶に伺った形跡がない。他流派に下駄を預けようというのに、これは、武道家として褒められたことではないだろう。
はっきりと言おう。恩知らずである。

闇に葬られた東山清玄。
「すべてが実話」の「同時進行ドキュメント」である「四角いジャングル」の、唯一の空白である。赤星潮を現実の人物にしてしまった一騎の実力からすれば、清玄先生を現実に生み出してしまうことも可能だったはずなのに。

今でも時々読み返す「四角いジャングル」、その冒頭の、東山清玄先生の威厳のある姿を目にするたび、私は何ともやりきれない思いにかられてしまうのである。
スポンサーサイト

Comment

ゴウキング says... ""
はじめましてこんにちわ。
ふらりと立ち寄ってみました~。
空手バカ一代しかしらないや~
2006.02.06 20:41 | URL | #- [edit]
猫目 says... "はじめまして"
ゴウキング様、はじめまして。

格闘技にはご興味おありですか?
一騎ワールド、是非、堪能していただきたいと思います。

また、お立ち寄りください。
2006.02.08 16:47 | URL | #- [edit]
ゆう says... "とうとう出ちゃったね"
うわさは本当だったよ。
http://himitsu.ath.cx/4
2006.02.12 06:51 | URL | #YZdnnNwY [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://libertin.blog11.fc2.com/tb.php/85-1da8febe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。