アングルのバイオリン

violon d'Ingres. 趣味か余技か、それとも悪ふざけか・・・ とにかくこれが私の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透明高速

もう、三十数年前のことになるが、恐ろしい話を聞いたことがある。

幼稚園の友だち、よっちゃんが、ふと、もらした言葉である。

「トウメイ高速って、本当に、時々、透明になるらしいぜ。」

東名高速、という名前は、幼稚園児の私でも知っていた。高速道路という意味も知っていたはずだ。そのトウメイ高速が、本当に透明になることがある・・・。
100キロを超えるスピードで走っている車、すると、道路の先が見えない、消えている、透明になっているのである。パニックを起こすまもなく、車は、透明部分にさしかかり、同じように透明になって、四次元の世界へでも消えてしまうのか。それとも、透明の道路をそのまま走り続けるのか。トウメイ高速付近の住民には、まるで、車が宙を走っているように見えているはずである。それとも、恐ろしいことに、走るべき道を失って、車は宙へと放り出され、地面に叩きつけられるのだろうか。
大人は、「トウメイ高速、昨夜も透明に。」などと書かれた紙面を時々見ているのだろうか。

考えただけでも恐ろしい。

よっちゃんの話が本当だとしたら、道路公団は、とんでもない代物を作ってしまったものである。これも、いわゆる「道路族」とやらの私腹を肥やすための政策なのだろうか。透明になってしまうというきわめて危険な高速道路を、そのまま数十年放置した責任も重い。公共事業の恐ろしさ、というものであろう。国民ひとりひとりの安全など、これっぽっちも考えていない、という証拠である。

よっちゃんは、その後、大人になって、透明高速を走ったことがあるだろうか。
私は、車の運転は嫌いだから自分で走ったことはない。しかし、観光バスとか、高速バスなどで東名高速を走ることはある。そのたびに、つい、運転席の先に目を凝らしてしまう。いつ、透明になるのか、気がかりでしょうがないのである。
スポンサーサイト

Comment

魔羅一郎 says... "透明恐怖"
それは確か、若年の生真面目さと云うか、納得出来ない事には、何事にも一言居士の如く、文句を付ける生意気なガキの頃でした。猫先生と、H.G.ウェルズの『透明人間』の話をしましたね。私は、「目に見えないくらい、物質の透明度がどんなに高くても、物質が物質である以上、質量が存在する。だから、光が透明人間を通過する際には、屈折が生じ、『何も見えない』状態にはなり得ない」と主張しました。透明度の純化では、「目に見えない」状態に達する事は、不可能なのだと。
ちょうど、今は知事になってしまったシュワちゃん主演の、「プレデター」の宇宙人みたいなイメージを抱いていました。何も無い筈の空間に、人型の歪みが生じて・・・と云う訳です。
それに対し、猫先生は「科学的な根拠」に基づいて反論する訳でも無く、ただ厳かに、幼年時の恐怖体験を語ってくれましたね。そうです、あの、「マルセイユの透明人間」です。
以来、私の世界観は変わりました。世の中には、常識も人智も超えた神秘が存在する事を悟り、打ち拉がれました。そして、あの時のトラウマを抱えたまま、今日に至ります。
四十路を過ぎた現在、けれど、私の心は未だ釈然としません。いったい、「マルセイユの透明人間」とは、何者なのでしょうか?
猫先生の説明では、確か、鯨に飲み込まれた男が、胃の中で半分消化されて、色素だけが抜け落ち・・・そして透明人間になってしまった・・・。
そして、今回は「透明高速」です・・・浅学非才の身には、駄洒落としか思えない、常識の向こう側の世界・・・恐怖・・・。嗚呼、恐ろしい・・・。

そうそう、イデアリストk様は、時代小説こそ、オヤジの時間旅行だとの至言を述べられました。正にその通りですね。時代小説と呼んで良いのかどうか、躊躇われますが、私は山田風太郎の忍術モノが好きでした。
山田風太郎の描く忍者達は、ある意味、タイムマシンに匹敵する技を繰り出しますよね。妊娠した女が、敵の目を欺くため、仲間のくノ一のお腹に、赤ん坊を移し替えるとか・・・。ハリウッドでは、手裏剣を手にした忍者が、戦車を破壊したり・・・。江戸時代の超テクノロジー、侮り難し。
2006.02.20 10:42 | URL | #- [edit]
猫目 says... "透明世界"
魔羅殿 おはようございます。

透明人間の話、しましたね。貴兄は理系に強く、私は、いつも、感心して聞いているばかりでしたが・・・。

マルセイユの透明人間。
これについては、せっかくなので、次回、書いてみたいと思います。
2006.02.21 09:08 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://libertin.blog11.fc2.com/tb.php/87-890e157a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。