アングルのバイオリン

violon d'Ingres. 趣味か余技か、それとも悪ふざけか・・・ とにかくこれが私の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春の坂道

岡田奈々の「青春の坂道」(1976年)は、こんな歌詞で始まる。

 淋しくなると訪ねる坂道の古本屋
 立ち読みをする君に会える気がして

坂道の古本屋、と言われて、ぴんときた方は、相当の乱歩ファンである。
明智小五郎のデビュー作「D坂の殺人事件」の舞台が、D坂の古本屋、つまりは、坂道の古本屋なのだ。

もちろん、坂道の古本屋なんて星の数ほど存在しているに違いないのだが、私は、岡田奈々の歌を聴くたび、ついつい、殺人のあった坂道を思い出してしまうのだ。そして、D坂こそが、坂道の古本屋であると思っているのである。

D坂、というのは、千駄木の団子坂のことである。乱歩はこう書いている。

「みすぼらしい場末の古本屋で、別段眺めるほどの景色でもないのだが、(後略)」

主人公は、知り合ったばかりの、若き明智小五郎と、向かいの喫茶店からこの古本屋を眺めていて、異変に気づく。古本屋の女房が殺されたのだ。
もちろん、後の名探偵明智が、見事この事件を解決するのだが、その50年後、岡田奈々が立ち寄るような古本屋になったというわけだ。岡田奈々は、その事実をおそらく知らない。もちろん、私の勝手な想像である。

しかし、70年代の青春というと、舞台は、中央線沿線と相場は決まっている。団子坂はちょっとばかり文芸の香りが漂いすぎるような気がしないでもない。青春の坂道=D坂説は、やはり無理があるか。

「青春の坂道」、ちょうど30年前の曲である。
スポンサーサイト

Comment

魔羅一郎 says... "金縛り"
ねんねこ猫先生、今晩は。
お元気でしょうか?

D坂とは関係ありませんけれど、昨夜、うちの細君が、生まれて初めて金縛りを経験したそうです。
何でも、寝ていたら布団をずるずる引きずられて大変に恐かったとか。
すぐ横に、お手玉をしている「何か」が居たそうですけれど、恐くて直視出来なかったと言っています。

でも、金縛りなんて、十代、二十代の頃は、私なんて週に二、三回はかかっていました。自慢じゃないけど、金縛りの達人ですよ。
耳元で野球の放送が聞こえたり、枕元をばたばた子供が走り回ったり、そんなの、日常茶飯事でした。
まあ、こんなの、どうせ幻覚なんですよね。
でも、金縛りにかかっている間だって、どんなに慣れても、矢っ張り妙に気味の悪い緊張感が張り詰めているんですよねぇ。
脈絡も無い話で失礼しました。
2006.04.12 01:02 | URL | #- [edit]
詠み人知らず says... "D坂の喫茶店"
猫目の旦那、こんにちは。
たまにこのブログを訪う者です。

少し前の記憶ながら、D坂には「乱歩」という喫茶店があり、一度だけ入ったことがあります。店の雰囲気も明らかに・・・。

さて、太田裕美に岡田奈々、どちらも清純派アイドルのイメージがあります。しかし、私が彼女たちをよく見かけたのは、あの「ぎんざNOW」でした。タレントも観客も荒くれ者ばかりの中、彼女たちの存在には何ともいえない感慨を抱いたものです。

数年前に岡田奈々をドラマで見かけたとき、記憶は偶像化するものなんだと思いました。いや、ただの「幻覚」を見ているのかもしれません。
それでは、失礼します。
2006.04.22 16:04 | URL | #Ic2Ckdxw [edit]
猫目 says... "金縛りと「ぎんざnow!」"
魔羅どの、こんばんは。
またも、かくも長き不在です。

金縛り、私も、若き頃には、よくなりました。金縛りの最中に、人の姿らしきものを見たような気がしたこともありましたが、今にして思えば、どれも幻覚ですね。
最近も、何度か体験しましたが、メカニズムはわかっていても、あれは、気持ちの良いものではありません。
奥様によろしくお伝えくださいませ。

詠み人知らず様、初めまして。
最近、さぼり気味のブログですが、これからもよろしくお願いいたします。

「ぎんざnow!」、私どもの世代には、金字塔のごとき番組でした。今でも、あの番組でしかお目にかかれなかったB級アイドルなんかを、時々、思い出したりします。「失恋レストラン」でデビューする前の清水健太郎が、説教の後、何故か、「新曲、聴いてください。」なんて言って、自作の歌を披露していたこともありました。ロックンロールのことを、ロッキンロール、と、言っていた記憶があります。あれもこれも「幻覚」でしょうか。

太田裕美に関しては、土曜日のTBSラジオの「ヤングタウン東京」という公開番組にレギュラーで出ていて、新曲なども、いちはやく、その番組で聴いていたものですが・・・。懐かしい思い出です。
2006.04.22 22:41 | URL | #GaU3vP2. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://libertin.blog11.fc2.com/tb.php/92-4e4f359f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。